NEWS

【開催中】2019年7月19日(金)〜28日(日)
あらゆるものを受け止める
悠々閑々とした土のちからへの憧憬
KAARA exhibition 2019 - つち -

絶妙なバランス感覚で空間を物語る作品が、ホノルル空港ラウンジ、マニラ空港ラウンジ、あべのハルカス内マリオット都ホテル、資生堂パーラー横浜そごう店などなど、数多くの施設に採用されている彫刻家KAARA氏の個展を開催。「人それぞれ、土に対する思い入れはさまざまですが、空間を彩る『多様な個性』に触れ、今一度、振り返り、再認識し、新発見してもらいたい」——そう語る彼女の最新作を展示・販売いたします。

作家在廊日は[Exhibition]のページをご覧ください。

【終了】2019年7月5日(金)〜14日(日)
伝統の技と現代的センスの融合──
金工家・河野三秋氏の最新個展開催。

彫金や鍛金の技術も取り入れながら広く活躍する金工家・河野三秋氏の個展〈壁草子 KABEZOUSHI 2019〉を開催します。金、銀、銅、真鍮、鉄などを使った絵画的レリーフ〈壁草子〉シリーズ最新作を展示・販売いたします。

作家在廊日は[Exhibition]のページをご覧ください。

【終了】2019年6月21日(金)〜30日(日)
飯田淳 個展〈Reminiscing〉

明るく軽い空気が流れていた80年代の始め、
バックミュージックはAORでした。
甘くて、カラフルな思い出をレコードジャケットサイズに
ガッシュと色鉛筆で描きました。(飯田淳)
エルメス(HERMÈS)のインビテーションやビジュアルブック、
雑誌『GINZA』のロゴデザイン、さらに雑誌『アン・アン』
『クロワッサン』『旅』『coyote』など、
幅広いジャンルで活躍中の飯田淳氏の個展を開催いたします。

作家在廊日は[Exhibition]のページをご覧ください。

【終了】2019年6月7日(金)〜16日(日)
米原康正 個展
情報として支配されてしまったエロティシズムを、僕たちの手に取り戻すための方法。
エロティシズムは繰り返しではない。時には死をも疑似体験してしまうほどの本能的想像なのである。

世界へ日本を発信し続ける米原康正氏は、“世界で唯一インスタントカメラをメイン機材にした”フォトグラファーであり、編集者、クリエイティブディレクター、キュレーター、DJなど、さまざまな顔を持つクリエイター。今回のテーマは「エロティシズム」。東京ストリートの“ガールズパワー”全開の最新作品を展示・販売いたします。

作家在廊日は[Exhibition]のページをご覧ください。

【終了】2019年5月10日(金)〜19日(日)
須藤靖典 蒔絵展
信仰を支える漆、そしてその魅力

「信仰」と「漆」をキーワードに「ものづくり」を続けている漆芸家・須藤靖典氏の最新個展を開催いたします。今回は祈りや司式・典礼に使用する「聖具」だけでなく、パネルへカトリックに関連するモチーフも、会津塗の伝統的な蒔絵や材料を用いて制作。伝統工芸展・日本伝統漆芸展などに数多く入選している須藤氏が華麗な技巧を凝らした漆芸作品をお楽しみください。

作家在廊日は[Exhibition]のページをご覧ください。

【終了】2019年3月29日(金)〜4月7日(日)
HATAYAMAMASAO TOKYO FIRST EXHIBITION
ハタヤママサオ東京初個展

大阪水上バスの全面ペイントやパリ個展を成功させるなど、国内外で活躍する“色の奇才”ハタヤママサオ氏の初めての東京個展。今回のために新作を多数展示・販売いたします。多彩な色から生み出される“ジャパニーズポップアート”を体感してください。ご来場の方には数量限定で記念ポストカードをプレゼント。

作家在廊日は[Exhibition]のページをご覧ください。

【終了】2019年3月1日(金)〜10日(日)
KAKUTO個展
前哨〜または私は如何にして桃太郎を近未来SFアートに仕立てたか〜

イラストレーターKAKUTO氏の個展テーマは「サイバーパンク・グラフィックノベル」。日本民話の代表格である「桃太郎」を大胆にアレンジ。近未来の廃れゆく東京郊外を舞台に、闇の世界に生き延びてきた鬼一族と、彼らを抹殺すべく政府の命を受けた特殊能力者4人組が、最終決戦に挑む様をイラストレーションとコマ割りで表現します。

作家在廊日は[Exhibition]のページをご覧ください。