川内理香子

Kawauchi, Rikako

1990年、東京都生まれ。
2015年多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業、2017年同大学大学院美術学部絵画学科油画専攻修了。
マネックス証券のプレスルームに作品を展示する公募プログラム「ART IN THE OFFICE(2014)」や、若手アーティストの活動を支援する公募展「Shiseido Art Egg」など著名な公募企画に次々と入選し、特に2015年に開催された「Shiseido Art Egg」での個展では、Shiseido Galleryでも恐らく初の試みとなった、ドローイングのみの展示という意欲的な内容に挑戦したことが評価され、Shiseido Art Egg 賞も受賞。
近年の展覧会として、
2016年個展『Back is confidential space. Behind=Elevator』(WAITINGROOM / 東京)、
2015年『コレクターとアーティスト:川内理香子個展』(T-Art Gallery / 東京)、
2014年『第1回CAF賞入賞作品展(保坂健二朗賞受賞)』(TABLOID GALLERY / 東京)など。
今年頭には、JR新宿駅ミライナタワー改札横の10メートルのウィンドーディスプレイ「NEWoMan ART wall」で個展を開催。
また本展と同時開催で、表参道のスパイラルで開催されるグループ展『Museum of Together展』に参加(10月13日~31日)。
協力:WAITINGROOM

http://rikacocacola.tumblr.com


「The act」 2017年 パネルに針金 530 × 455 mm


「Bodies」 2017年 キャンバスに油彩 455 × 380 mm