登坂秀雄

TOSAKA, HIDEO

1948年 東京都生まれ。
1972年 東京藝術大学美術学部彫刻科卒業。
静岡大学名誉教授、公益社団法人二科会彫刻部理事、日本美術家連盟会会員。
二科展では特選(第56回)、銀賞(第57回)、会友特賞(第59回)、金賞(第61回)、ローマ賞(第70回)、会員努力賞(第72回)、文部科学大臣賞(第92回)をそれぞれ受賞。
1972年 東京藝術大学安宅賞受賞。
1974年 東京藝術大学大学院修士課程修了時に作品「晨Ⅲ」東京藝術大学陳列館買い上げ。
1975年 歩会彫刻展、以後2001年まで毎年出品(千葉県立美術館)。
1978年 諏訪湖国際彫刻シンポジウム参加。
1993年 浜松市都田テクノパークシティ彫刻制作。
1994年 オーストリア・リンダブルン彫刻シンポジウム参加。
1996年 米子石彫シンポジウム参加。
1997年 那須野が原彫刻シンポジウム参加。
1999年 静岡大学50周年記念時計塔モニュメント制作。
2000年 弘前駅前モール修景モニュメント彫刻制作。
2006年 個展(富士市芸術村)。2007年 個展(しずしんギャラリー「夢空間」)。
2014年 登坂秀雄彫刻展(フェルケール博物館)、ベストセレクション展2014出品(東京都美術館)。
2017〜2018年 「70年世代の今」展(佐川美術館、樂吉左衛門館)。
2018年 登坂秀雄・とさかますみ「彫刻の世界と小さな宝物」展(銀座 工芸むら田)