竹馬

Chikuma

京都・呉服商の家に生まれ育ち、幼少の頃から似顔絵を描くのが好きで、映画館の看板描き職人を夢見る。家業の修業時代に出会った友禅作家との交流から自身も作家を目指すが、故あって着物の世界を離れ、食品関係の会社に転職。ペット用健康食品を任された際、ペットの肖像画プレゼントを手掛け、顧客からの喜びの声や手紙が多数寄せられる。「自分の絵が人々の幸せにつながれば」との想いで、会社を辞めた今も絵師を名乗り、ペットの肖像画を描き続けている。