野村 薫

Nomura, Kaoru

1956年山口県生まれ。大阪芸術大学卒。株式会社本田技術研究所・4輪開発センター・デザイン開発室を基盤に35年間勤務し、2016年定年退職。幼少の頃よりクルマが大好き、幼稚園で描いた絵や工作はことごとくバスやトラックが題材で、先生たちから奇妙がられる。中学生の時、蒸気機関車の煙咽ぶ田舎の駅前本屋で初めて見た『Car Styling』誌を見て、人生のスイッチが入る。好きで入れてもらった自動車メーカーのデザイン部門で、インテリアデザイン、欧州デザイン室マネージャー、アドバンスデザイン室長などを歴任させてもらい、国内・海外でクルマ文化の真髄を体得する。再雇用を丁寧に断り定年退職、好きが高じて貯めに貯めたクルマのプラモデルの山を前に、沸く湧くと思案し、惚々と創作する、子どもの頃憧れた、子どものような生活を実現している。文字にすると、ただこれだけ、されどこれだけ、これもひとつ一途なクルマ人生。
Facebook:http://www.facebook.com/kaoru.nomura.71