A wine glass full of art

相羽高徳
空間プロデューサー/アートディレクター/アーティスト
1994年、「新横浜ラーメン博物館」とすかいらーく「ガスト」という対照的なプロジェクトをほぼ同時期に成功させ、空間プロデューサーとして注目を集める。以後、「箱根☆サン=テグジュペリ 星の王子さまミュージアム」「NINJA AKASAKA」「羽生PA 鬼平江戸処」「セブンパーク アリオ柏」など、話題の施設をプロデュース&デザイン。商業施設、テーマパーク、リゾートホテルのプランを数多く手掛ける。また、独自の「メイズ」や「Bonsai Art」などのアーティストとしても活躍。特に「Bonsai Art」は海外で話題を呼び、数々の賞を受賞。ウェブサイトのアクセスや検索は、世界中で膨大な件数にのぼっている。

飯田淳
ハイブランドからカジュアルブランドまでのイラストレーションをはじめ、ロゴデザイン、テキスタイル、広告、エディトリアル、パッケージ等、幅広いジャンルと表現力をもって活躍。
東京生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
2008年 HERMÊS 秋冬メンズ パリコレクションINVITATION CARD
2010年 HERMÊSニューヨーク マディソンアベニュー店 VISUAL BOOK
2010年 HERMÊS秋冬メンズ パリコレクション VISUAL BOOK
2011年 HERMÊS秋冬メンズ パリコレクション INVITATION CARD
THE CONRAN SHOP 2007年と2008年のオリジナルダイアリー、アン・アン、クロワッサン、coyoteなど多数の雑誌、NHK出版の書籍や高橋書店のダイアリーのディレクション。雑誌GINZAのロゴデザイン。
ICL、Cocoonist、HAKKA、Madu、TeTes、IKUKO、&STRIPE、PERSON’S、GC、MIZUTANI、nonpi、LIXILなどのイラストレーション。原宿のハンカチーフセレクトショップ「パルトゥーズ」をプロデュース。
TIS会員。文化学園大学、家政大学、創形美術学校講師。

伊坂重春
建築家/インテリアデザイナー
1951年北海道生まれ。武蔵野美術大学産業デザイン学科卒業。高島屋設計部、江平建築設計事務所
1983年 伊坂道子と(株)伊坂デザイン工房一級建築士事務所設立
1990年 武蔵野美術大学非常勤講師 ~ 現在
[主な受賞歴など]
ベルギー「ユーロパリアジャパン1989 」出展 インテリア,家具部門 日本の10人
札幌市都市景観賞(札幌市)
インテリアプランニング賞優秀賞(国土交通省)
JCDデザイン賞・大賞・奨励賞・デザイン100・他(商環境設計家協会)
平成11年度住宅建築賞(東京建築士会)
第9回環境.省エネルギー建築賞.国土交通大臣賞(財)建築・省エネルギー機構
北海道赤レンガ奨励賞(北海道)  
会津若松市都市景観賞(会津若松市)
グッドデザイン賞 建築環境部門 他

植田洋子
1983年よりパリ在住。食・文化・ファッション……パリのエスプリを一枚の絵に凝縮させるアーティスト。フランスの週刊誌・月刊誌、「エル ジャポン」、「フィガロ ジャポン」等、パリと東京で活躍。リッツ・パリのバー「ヘミングウェイ」のヘッド・バーテンダーであるコリン・ピーター・フィールド著「The Cocktail of The Ritz Paris」の挿絵を担当。日本語版は「リッツ・パリのカクテル物語」(里文出版刊)。訳書に「カクテルブルースin N.Y.」、著書にエッセイ&イラスト集「スノッブ パラダイスin Paris」(いずれも求龍堂)がある。

鬼丸トシヒロ
アートディレクター/タイポグラフィーデザイナー
企業や商品のブランディングデザインに携わり、「正しい価値の可視化」を表現している。主なブランディングデザインとして、株式会社テーブルマーク、株式会社オリエンタルランド、株式会社バイク王&カンパニー、神戸オリエンタルホテル、東京大学伊藤国際学術研究センターなど100社以上。商品パッケージでは、京都老舗和菓子の亀屋清永、京都地豆腐の久在屋、京都AMAIMON、UCC上島珈琲株式会社、JT日本たばこ産業株式会社、ニチバン株式会社など。アートでは、写真家長濱治とのコラボでコラージュアートを展開(長濱治写真展・時空回帰・2019年)。

川俣忠久
1979年 桑澤デザイン研究所卒業
1979年 株式会社日本デザインセンター入社
現在、株式会社日本デザインセンター代表取締役副社長

須藤靖典
「信仰」と「漆」をキーワードに「ものづくり」を続けている漆芸家
1955年生まれ。1979年、武蔵野美術大学造形学部芸能デザイン科卒業。
[主な受賞歴など]
1992年 第33回伝統工芸新作展「東京都教育委員会賞」受賞
1998年 第39回伝統工芸新作展朝日新聞社賞受賞
2016年 第34回日本伝統漆芸展MOA美術館賞受賞/平成28年度東北経済産業局局長賞受賞
2017年 京都h2oにて個展開催
2019年 第36回日本伝統漆芸展熊本県伝統工芸館館長賞
日本工芸会正会員・会津美術協会員・福島県美術家協会員・会津工芸新生会会員所属

ハタヤママサオ
大阪在住。自身のカラフルな感性に目覚め、アート活動開始。感じたものを独特な色彩と力強い線で形にしていき、見た人に勇気と元気を与えるカラフルでPOPな作品が特徴。主にアクリル絵具による原画を中心に壁画やペイント、グッズなどを展開。これまでに官公庁や企業との仕事や、百貨店での展示会、サマソニなどのアートプロジェクトや壁画でのペイント、2017年には日本初のアート観光船”ハタポップライナー”を全面ペイントなど手がける。近年ではパリルーブル美術館で行われるアートフェアへの出展や、トリノ、パリでのライブペイントパフォーマンスを成功させ、2018年にはパリでの初個展を開催するなど”JAPANESE POP ARTIST”の1人として活動の幅を世界に広げている。
[主な受賞歴など]
アートストリーム2015 ターナー色彩賞受賞
アートストリーム2013 大阪水上バス賞、大阪21世紀協会賞
UCCコーヒーコーヒーアート大賞佳作受賞

村田茂之
医療法人社団健鳳会 理事長
よつかいどう眼科 院長

山本益博
早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。
料理評論(「東京・味のグランプリ」「グルマン」)の傍ら、料理人とのコラボによるイベントも数多く企画。1985年、東京・有楽町レストラン「アピシウス」でジョエル・ロブションのディナーを企画プロデュースしたことをきっかけに、レストランの催事、食品の商品開発の仕事に携わるようになる。また、TV「探検レストラン」(テレビ朝日系列)では、小淵沢の駅弁「元気甲斐」の商品開発、荻窪のラーメン屋開業プロジェクトに参加した。
2001年には、フランス政府より、農事功労勲章(メリット・アグリコル)シュヴァリエを受勲。2014年には、農事功労章オフィシエを受勲。近年は、医療企業との健康長寿食プロジェクトや病院の介護食の料理・食事・サービスに関するアドバイザーも務めている。また、広島県と青森県の食文化向上のためのプロジェクトにも参加している。
[主な著作]
「さよなら名人藝 桂文楽の世界」(晶文社)
「パリのお菓子屋さん」(文化出版局)
「東京・味のグランプリ」(講談社)
「味な宿に泊まりたい」(新潮文庫)
「オペラの旅へようこそ」(NTTメディアスコープ)
「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」(新潮新書)
「そんな食べ方ではもったいない」(青春出版社)
「山本益博の厳選!取り寄せごはん」(青春出版社)
「大人の作法」(KKベストセラーズ)
「人間味という味が、いちばん美味しい」(大和書房)
「イチロー勝利への10ヶ条」(静山社文庫)
「立川談志を聴け」(プレジデント社)
「名人芸の黄金時代」(中公文庫)
「美食の世界地図」(竹書房新書)他

横川毅
1975年 東京都国立市生まれ
1993年 学校法人自由の森学園高等学校卒業
スキー モーグル選手として活動
1999年 プロスキーヤー、プロスキーボーダーに転向
2000年 世界大会 Core Extreme2000(苗場)スキーボードクロス ゴールドメダル
2002年 株式会社ウィルプランニング入社
2007年 ワインラウンジBANQUEをプロデュース マネージャーソムリエ就任
2008年 株式会社ウィルプランニング代表取締役就任

(50音順)