HAYASHI MARIKO

HAYASHI MARIKO

大学卒業後、インテリアデザイナーとして経験を積んだのち、
壁画などの企画監督制作をしながら2000年より自身の作品を展開していくようになる。
空間を意識して制作される作品は空間に溶け込みながらも優しい空気感を作り出す。
自身のデビュー作はホテルオークラ博多のエントランスロビーに広がる5点連作の大きな絵画。
その後も、コンラッドなどのホテルに多数作品を納める。
彼女の作品の特徴は美しい色使いであり、リズム感である。
音をも感じさせるような作品からは枠からはみ出たような奥行きを感じることができる。

長い冬を耐え、ようやく迎える命芽吹く春の季節に、
一斉に豊かに咲き誇り、パッと散っていく潔くも凛とした桜。
私もそのように生きたいと願うのです。

■略歴
HOTEL CONRAD TOKYO
ホテルオークラ東京
シェラトンホテル広島
グランドニッコー東京台場
大阪マリオット都ホテル
JALファーストクラスラウンジ
(羽田・成田・フランクフルト・バンコク・ニノイアキノ)
アニヴェルセル 表参道・みなとみらい  
銀座三越

■主な展覧会
2016  木内ギャラリー
2015  織絵アートギャラリー
2013  上海、J.GALLERY 本店 (全2回)
2012 コクヨファニチャー 上海ショールーム
2004~8 ハートランド 
スタンディングバー六本木ヒルズ (全5回)
2007 村松画廊
2004 パリ,アトリエヴィスコンティーギャラリー
他,多数…。

www.marikohayashi.net